© 9.9 2018 by Akane Matsuo/朱音音楽舎 Proudly created with Wix.com

​Q&A

Q1.二胡はいつどんなきっかけで始めましたか? 

 

CDで聴いた哀愁漂う深い音色が二胡との出会い。

ジャーパンファン氏のアルバム「河」をよく聞いていました。

その後、長崎中華街で演奏をしていた当時留学生のSISSI JI氏に出会い、レッスンを受けるようになりました。

Q2. 得意・専門のジャンルは?

ジャンルにとらわれず好きな曲が得意です。歌うように息継ぎし奏でるようにしています。

実際に歌いながら二胡を弾くスタイルにも挑戦中!

Q3. 好きな・影響を受けたアーティストはいますか?

大好きな二胡奏者では たくさんいます!

しかし、多大な影響を受けたのは、

やはり師である劉福君氏   杉原圭子氏です。

最近では陸二胡さん。

ユーモラスに楽しんで二胡を弾いているところが大好きです。

アーティストはBIG BANG、ソルペンです。

Q4. 楽器を上達させる秘訣はありますか?

いつか大好きな曲を思い通りに弾く自分を想像してワクワクすること。  

そのための基礎練習を惜しまないこと。

人前で演奏すること。

二胡は時間がかかる楽器ですが、年を重ねた分、味わい深い音色になると思います。気を長く頑張りましょう。

Q5. 生徒さんに指導するにあたって気をつけていることはありますか?

大人になって始める習い事は純粋に楽しみたい、弾きたい憧れの曲をお持ちの方が多いと思います。

基本的にみなさんの希望に沿うようにレッスンを進めますが、いつかきっと難しい曲を弾いてみたくなると思います。そのときに無理なくチャレンジできるように、基礎ははじめからしっかりとお伝えしたいと思います。

Q6. 楽器を演奏することで何か伝えたいことはありますか?

二胡は本当に癒しの楽器です。

楽器は振動させる事で音を出しますが、二胡は丹田に近い場所で振動します。その振動に集中するとお腹があったかくなります。 

​心地いい音を探すことは、自分の心との会話に似ています。二胡を弾いているとすぐ眠くなるという方、大好きな曲を弾いて泣いてしまうという方もいます。

日々の癒しとして長く続けていただきたいです。

photo by Masaru Tsuruoka